ソーシャルバーベキューでは「スマート」で「おしゃれ」なバーベキューを提唱していますが、バーベキューは面倒くさいと思われている方も多いのではないでしょうか。
バーベキューが面倒くさい理由その②は「場所の確保が難しい」ということです。

東京都の公園にあるバーベキュー場は、公園事務局へ電話で予約する場合が多いのですが、受付開始時間に電話しても、なかなかつながらない。つながったとしても、すでにスペースは全て埋まっている状態です。

また、予約不要の公園バーベキュー場の場合、早朝より誰かが現地に行き、場所取りをしなければ、場所の確保ができない状況です。

それに、これまでベーベキューが可能な公共施設や河川敷であっても、ごみ問題や騒音問題が原因で、閉鎖に追い込まれるケースもあります。
例えば、2011年に、芦屋市においても、ごみ捨て、臭い、騒音問題が原因で、河川敷のバーベキュー場が閉鎖に追い込まれました。

このように、特に都市部においては、バーベキュー場の確保が困難になっており、早急な解決策が望まれていると言えるでしょう。