image

バーベキューを開催する際には、バーベキュー幹事(ピットマスター)の存在が不可欠です。BBQ開催にあたり、幹事がやらなければいけない仕事は多岐に渡ります。ざっくりと挙げただけでも、下記の項目があり、とても大変だということがお分かりいただけるかと思います。

  1. バーベキューの開催日を調整する
  2. 開催場所を決める
  3. BBQ場の予約(※予約なしの場合は、当日の場所取り)
  4. 参加メンバーに案内メール
  5. 道具・グッズなどの準備
  6. 食材・飲料品の買い出し
  7. 前日の料理の下ごしらえ
  8. 道具や食材等を会場まで運ぶ
  9. 火おこし
  10. 後片付け及び道具をきれいに洗う

ただ、6〜10の後片付けまでは参加メンバーも手伝ってくれることも多いかと思います。しかし、バーベキュー幹事にとっては、BBQ前の準備も面倒くさいですが、特にBBQ後の道具(バーベキューコンロやクーラーボックスなど)を一人で洗うことは、テンションも下がっているので、本当に面倒くさいのです。(^_^;)

このように、バーベキュー幹事(ピットマスター)は、参加メンバーを喜ばせたいという想いから、まさにボランティア精神で、面倒な仕事を引き受けてくれています。

したがって、何よりうれしいのは、参加メンバーからいただく言葉なのです。
「こんな素敵なバーベキューは初めて!」「今日のBBQは本当に楽しかったよ!」「いろいろと面倒な準備をやってもらって本当にありがとう!」「こんな素敵なバーベキューならまたやって欲しい」というような言葉を参加者からいただいた時は、バーベキュー幹事(ピットマスター)冥利に尽きると言えるでしょう。