暮らしの中でバルコニーを活用している「バルコニスト」が、最近増えているようです。バルコニストというのは、バルコニーで余暇を過ごすことで心豊かなライフスタイルを楽しむ人ということ。北欧インテリアショップの「IKEA」が力を入れて打ち出している素敵なライフスタイルのことです。

balconybbq1出典:http://www.apartmentsbariloche.com/

バルコニーやベランダは洗濯物を干すだけの場所ではありません。食事や読書、ガーデニングなどを楽しめる、とっても便利な屋外空間です。いつもの食事も、太陽の光を浴びながら食べると、なんだか贅沢な気分になります。したがって、バルコニーをもっと活用できるようになれば、日々の暮らしが、きっとより楽しくなることでしょう。

イケア・ジャパンが、全国の20代~60代の男女600名を対象に行った「全国バルコニスト調査」によると、以下のような結果になりました。

ikea1出典:http://www.ikea.com/ms/ja_JP/campaigns/2016/balconist/index.html

1 90%の家屋がバルコニーを持っている。しかも、バルコニーの面積は平均して、おうち全体の1割だという。狭いバルコニーだとか思っていても、そこそこの面積を占めていることが多いのです。つまり、家賃の1割は、バルコニー代と言えそうです。

2 全体の3割くらいの人がバルコニーやベランダを余暇で活用している。つまり全体の3割の人が「バルコニスト」、残り7割の人が「非バルコニスト」と言えそうです。

3 バルコニストの77.1%が充実した生活をしている。また非バルコニストの40.7%は生活が充実していないと感じている。

そもそも、素敵なライフスタイルのために、なぜバルコニーなの?という疑問の答えは、ずばり「生活に対するゆとり」ではないでしょうか。家の外と、生活空間である家の中との中間の空間であるバルコニーは、衣食住という単なる生活だけのためではない暮らしを楽しむ場所と言えそうです。

最後に「バルコニストだけが知っている人生を楽しむ5つのコツ」をご紹介しましょう。(IKEAのサイトより)

1 太陽さえあれば、人は元気になれる。
2 味を決めるのは味付けだけじゃない。
3 休息は自分で作るもの
4 特別な夜は1秒で作れる
5 想像は無限大

さらに、バルコニーでBBQができる環境があれば、人生はもっと楽しくなりそうですね。